スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作「娘がアイドルになると言い出した。」

4月3日は春香さんの誕生日!
……でした。



春誕のためとウソm@sもゆかいじゃのうもあきらめ、
にも関わらず、この体たらく。
やっとこさ完成しました。

春香さん、誕生日おめでとう。

以下、あとがき風味(5/5追記)


元来まともにプロットを構築する能力のない私ですが、
今回は特にひどい行き当たりばったりでした。
その醜い七転八倒の様を以下に晒してみたいと思います。

■執筆中の右往左往の様子■

まず、思いついたのは題名と冒頭の会話。
春香さんのデビュー前夜という趣向。
以上。
あとは野となれ山となれで書きはじめました。

途中でお母さんが「明後日、事務所のオーディションでしょう」とか
言い出したので、マジっすか、と驚いたり。

でもこれでなんとか話は収束しそうだ、と思った矢先に気付きました。
誕生日がこれっぽっちも関係ない。
よし、誕生日の前日ということにしよう。
ああでも、それだけだととってつけたようにしか見えないなあ。
どうしよう。

……リボンだ!

リボンギミック誕生。
またその理由付けのために「リボンのアイドル」の設定を捏造。
(ちなみに、いま振り返ってみると、この発想の根底にあったのは、
 「どうして春香はあんな昭和の香りのするリボンを愛用しているのか」
 という、個人的な疑問だったと思います。ステージ衣装のリボンは
 それなりにオシャレなものなのに、私服のリボンだけがアレです。
 だから、それには何か理由があるんじゃないかと……)

序盤の会話もいじって、あたかも初めから誕生日の話でした風に偽装。

そうして最後に残った課題、「春香さんは本当に父を説得できるのか」。
(この条件設定も、台詞を書く手がうっかり滑った結果でして、
 春香さんがどうやって父を折れさせるかなぞ考えていませんでした)

結局、父を説得できるだけの説得できるだけの論理は思いつかず。
というのも、「だいたいお前、どうしてアイドルなんだ」の答が出ないのです。
これはもう強行突破しかありません。

「なりたいから、なりたいのっ!」

だって、普通、16のジョシコーセーがそんなに難しいこと考えますか。
自分の夢を論理で考えますか。
「リユーとかコンキョとかよく分からないけど、私はこう感じるんだもん」
それで十分ではないでしょうか。
伊代はまだ16だから。
(このフレーズ、動画中にも入れたかったんですけれど)

以上、スーパー言い訳タイムでした。

●BGMについて■

ほら、ボーカル曲への憧れ、あるでしょう。
にわPとか、愛識Pとか。
オシャレですよね、真似してみたくなりますよね。

どうしてこうなった。
目標と実際のあまりの落差に絶望しました。
これでにわPリスペクトなどと言ったら鼻で笑われるに違いナッシングです。
真似をしようとして失敗したときに生まれるものをオリジナリティと呼ぶのかも、
などと思わず哲学的な思索に耽ってしまいます。

■雑感■

そういうわけで、強引な増改築を繰り返して、どうやら作品が形になりました。
作者本人としては、話の筋がぐちゃぐちゃに思えて自信がなかったのですが、
視聴者の皆様から見て、いかがだったでしょうか。
もう少しスマアトに制作できるようになりたいと願う今日この頃です。

でも春香さんはわりとかわいらしく描けたかなと思います。
しかしなぜでしょう、私の中の春香さんはなぜかイモです。
決して悪意はないのですが、どうも芸能人らしい洗練とは縁遠い。
アイドルとして大成したあとの春香さんは、普段のイモはそのままに、
ステージに立つと別人になる、というようなイメージもあるのですが、
なかなかその姿を描く機会は訪れません。
私の作中では、候補生だったり道半ばだったりの、未熟な春香さんなので。
ここは開き直って、新ジャンル「イモかわいい」を目指すべきかも知れませんね。

■おまけ:技術的側面について■

今回の一番のミソは「福笑いプロジェクト」でしょう。
某架空戦記ろだスレで公開されている、SAIまたはPSD形式の立ち絵構築セット。
いわゆる「ろだグラセット」より高解像度で、主線等が補完されています。
最大のウリは、眉・目・口の組み合わせを自由に選べる仕組みでしょう。
さらには春香のリボンの有無、律子のメガネや髪型までも。
まさに福笑い。
ゲーム中には存在しない表情も簡単につくることができます。
「娘がアイドルになると言い出した。」でも活用させていただきました。
特に春香さんが歯をむき出して不敵に笑う表情などは、福笑いの賜物です。

動画制作は、Final Cut Expressおよび付属のLiveTypeで行なってみました。
各種の文字送り効果は、LiveTypeの機能でございます。
もう少し追求してみると面白い演出ができそうですね。


※「春香さんのお母さん」は、本当に、他に適当なグラがないから流用しただけです。
 某管理人さん本人であるというような意図はございません。
 会話がグラに引きずられた点は否定しませんけれども。
 また、本作品はおこがましくもゲーム本編の前日談のつもりでして、
 某アイドル長屋の時系列とも特に関係はありません。

Tag : ニコニコ動画 アイドルマスター

コメント

No title

初めまして、マイペースPと申します。

自分は支援名目で勝手に動画を作っておりまして
前回、すっきりぽんPの支援動画を作ってしまったので連絡いたします。
勝手に申し訳ありませんでした。罵ってくれ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9953639

リンク自由と言う事なのでブログをリンクさせて頂きます。
では、失礼します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>マイペースP様

わお、支援動画、ありがとうございます。
ライダーの有効活用に吹きました。
ブログ、こちらからもリンクさせていただきますね。

>ひみつの訪問者様

いらっしゃませ、まさかのご登場にびっくりです。
なかなか言葉で表しがたいのですが、なにかとても惹かれる作品でした。
わくわくと続きをお待ちしております。

仮面ライダーSPIRITSは大好物です。
第一期のライダーマン編などは特にたまりませんね。
ライダー派生作品では、WEB漫画「HYBRID INSECTOR」もおすすめです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。