スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動作報告 Elis Colors α版

以前のエントリでもご紹介したMac用の動画編集ソフト Elis Colors
本日、そのα版がリリースされたので、さっそく動かしてみました。
作者様ブログの当該エントリはこちら



以下、レポート。


■当方動作環境■

MacBook 黒 (2008.3 購入)

CPU : Core2Duo 2.4GHz
GPU : GMA X3100
メモリ : 2GB
OS : Mac OS X 10.6.1


■普段使用している動画編集ソフト■

Final Cut Pro 5.0 (Rosetta)


■動作報告・使用感■

上記チュートリアルにある機能は一通り動作することを確認しました。
動画を再生しながらパラメータをぐりぐり動かしても、ほぼ大丈夫でした。
(動画を三層再生中にパラメータを激しく動かしたら少し引っかかりましたが、
 "Recording Animation" で記録したものは滑らかに再生されました)

動作は非常に(というか異常に)軽いと感じます。
当方環境での Final Cut とは比べる気も起きません。
また、レンダリング不要というのも、ものすごい快感です。

シークバーの動かし方には一瞬戸惑いましたが、すぐ把握できました。
キーフレームの扱い方は、感覚をつかむまでに少し時間がかかりました。
エフェクトのかけ方は、何かに似た感覚だなと思ったら、LiveQuartz でした。
(そう言えば LiveQuartz も Core Image を利用したソフトでしたね)

全体的な印象としては、フレーム単位の職人細工的な編集よりも、
感覚的でダイナミックな編集を指向しているのかなと感じました。
単にまだα版だからということでしたら、ごめんなさい。


■こんなこといいな、できたらいいな■

素人考えなので、矛盾や無茶があるかもしれませんが……
少し触った範囲では、こんな機能があったらいいなと思いました。

タイムライン上の移動について
・スライダーを1フレーム単位で動かす
・スライダーを矢印キーの左右で動かす
・タイムコードを直接入力して移動する

タイムライン上のメディアの扱いについて
・メディアを複数同時選択する
・メディアの頭や尻を、スライダーにスナップする
・メディアの頭や尻を、他のメディアの頭や尻にスナップする

キーフレームの扱いについて
・「ここにキーフレームを打つ」「このキーフレームを消去する」
・複数パラメーターのキーフレームグラフを重ねて表示する
・グラフ表示上で、キーフレームを何らかのマーカーで明示する
・グラフ表示上で、選択したキーフレームを矢印キーやマウスドラッグで動かす

エフェクトについて
・メディアにかけたエフェクトをチェックボックスで ON / OFF する

音声編集機能はまだまだこれからでしょうか?
(キーフレームによる音量フェードや、メディアごとの音量設定……
 さらに贅沢を言えば波形を見ながらの編集機能もあると嬉しいです)


■所感■

とにかく動作が軽いのとレンダリング不要なのが魅力的なことこの上ない。
音声編集機能がつけば、すぐにでも Final Cut から乗り換えたいと思います。

作者の朝倉柳様、α版リリースお疲れさまです。
Elis Colors は、革命だと思います。
応援しています。

コメント

No title

 Elis Colorsの中の人です。GMA X3100で動きましたか。よかった。

 UIはβ版までは貧弱なままです。α版で必要な機能(キーフレーム編集や音声編集を追加)してからβ版で操作性を改善(スライダーの細かい移動とか)する予定です。

 要望は参考にさせて頂きます。音声の波形表示とメディアの複数選択以外は簡単に実装できそうです。

 詳細な報告ありがとうございました! 応援すごくうれしい!

Re: No title

初めまして。
まさか作者ご本人からコメントをいただけるとは。

私は技術的なことには明るくありませんが、
現場側からわくわくと期待しております!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。