スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画投稿「雪を歩く トレーラー」

第七次ウソm@s祭り参加作を投稿しました。
予想GUYに時間がかかってしまいました。
土下寝。



春香さん動画でないのは、実に二年ぶりですね。
(単に投稿頻度が少ないだけともいう)


以下、あとがき風味。


●雪歩、雪歩ってなんだ

たしか2011年の正月。「雪歩」という名前を考えた人はすごいなあと、ふと思いまして。「雪歩」より雪歩っぽい名前なんてこの世になさそうですもんね。
「雪歩」という名前はどうやって生まれたんだろう、などとツイッターでつぶやいたら、いろいろな説が出ました。なかでも秀逸だったのは、雪歩の初期設定での名前「恵」からの発展で、

 恵 → 雪恵 → 雪穂 → 雪歩

という説です。白とか雪のイメージから「恵→雪恵」はわかりますが、「雪恵→雪穂」はミラクルですね。漢字つながり。でも、もしかしたら本当にこんな変遷をたどったんじゃないかと思ってしまう、ふしぎな説得力と魅力があります。
と、ここまで素敵なアイデアは出せませんでしたが、「雪歩」という名前はこんな感じで生まれたんじゃないか、という自分なりの妄想を動画にしてみた次第です。全部つくろうとすると死んじゃうので、ウソm@sです。

●妄想背景設定とか

舞台は200X年、アイドルゲーム(仮)、のちのアイドルマスターを開発中のナ〇コゲームス。この世界のアイドルは、電子ファイルから起動される2.5次元の存在です。
アイドルはふつう、生まれた時点で21グラム。これは昔の人がはかった魂の重さです。ところが、名前も設定も未確定のまま生まれた「萩原 恵」は、うまく魂が定着しない、0グラムの未熟児だったのです。恵の採用には最終GOが出ず、宙ぶらりんで(仮)のまま、いつボツにされるとも知れない状態で、彼女は育てられることになりました。

●登場人物紹介

〈萩原 恵/雪歩〉
天海春香、如月千早に続くアイドルV3。よく気絶する。「恵」時代は、生まれたてなのもあって、すこし子供っぽい。「雪歩」として正式採用されるまで半年も(仮)扱いの憂き目を見たせいで、自分のダメなところを探して納得しようとする癖がつく。そのキャラクター性がむしろウケて最終GOが出たことを本人が知る日はたぶん来ない。

シルエットの人たちは社員です。またの名をトラウマ植え付け係。

〈山田〉
青いシルエットの男。軽口哲也ではない。恵の初期教育担当者。予備知識はあっても経験はゼロのアイドルに付き添い、社会生活に順応させる係の人。情操教育の一環として、恵に詩集を与えた。口癖は「穴があったら埋まりたい」。先に生まれた春香、千早の初期教育担当者とは方針が異なり、恵に「プロデューサー」と呼ばせないようにしている。

〈田中〉
黄色いシルエットの男。杉山すぎおではない。山田の同僚。焼肉は正義と信じ、恵の「お食い初め」も本人の希望を聞かずに焼肉に決めてしまった。このせいで恵は肉のにおいにつられた犬に追われ、犬恐怖症となる。

〈吉田〉
赤いシルエットの女。歌田音ではない。山田の同僚。お茶が好きで、恵にもよく淹れてやる。彼女がうっかり「男なんてみんなオオカミ」と漏らしたせいで、「男=狼=犬より恐ろしい」と思い込んだ恵は男性恐怖症となる。

〈天海春香・如月千早〉
アイドル1号、および2号。21グラムで生まれ、それなりの波乱はありつつもすくすくと育っている。春香のお食い初めは本人の希望でケーキ、千早は「水で結構です」。こっちの話も書きたい。

〈高木順一朗〉
生まれたてのおっさん。まだあまり日光にあたっていないため、現在よりも白い。

●そんなこんなで

雪歩の名前の由来と、キャラクター形成の過程に関するお話という感じです。他の子の分も見たいので誰かつくってください! 響と貴音とか、どちらも音に関する名前だったりして、おもしろそうですよね。

さて、それではまた。

Tag : アイドルマスター ニコニコ動画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。