スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三周目(響編)&四周目(春香編・再)終了

三周目&四周目終了。
三周目は響・真・千早の765三大ストイック少女。
四周目は満を持して春香・千早・美希の看板トリオ。
四周目にしてようやくIA大賞を完全制覇しました。

以下、ストーリーネタバレのため格納します。
そういったことをまったく気にしない方、もしくは、
響グッド以上、春香トゥルーをクリア済みの方向け。


●響リーダー編

響は何かに似ていると、プロデュース中、ずっと考えていました。
クリア後しばらくして、わかりました。

チョロQに似ているよ、この娘。

軽くゴムを巻いてやるだけで、0→1でかっとんでいく感じが。
ちょっと手元が狂うと明後日の方向にクラッシュするところや、
まっすぐ走らせたはずなのにだんだん曲がっていくところも。

いやしかし、かわいい。
「ほめて、ほめてー!」が花マルです。
千早とはまた別の意味で、犬っ娘ですね。
身体能力も、アスリートな真とは方向性が違って、
マンガ的というか、超人的な描写が見られました。
料理番組での包丁さばきやら、雪山での北斗無想転生やら。

「○○して! いや、しろーっ!」
これ、私は気に入ったのですが、響の持ち台詞になるのかしら。
開発陣はこれを定着させたいのかどうか、半端な印象です。
定着するようにして! いや、しろーっ!

で、肝心のプロデュース実績なのですが。

「活動週が足りない! あと一週だけ、足りない!」

最後の特殊フェスを受ければ完全制覇という状況であえなく終了。
オートセーブを切っておけば、などとつい考えてしまいました。

シナリオ自体への感想はトゥルー後に。
もう一度、プロデュースして! いや、しろーっ!


●春香リーダー編

三周目の無念を受け、もはや完全制覇以外許されない四周目。
こんなとき頼れるのは誰か。
そう、我らがヒーロー、天海〈男前〉春香さん。
一周目でバッドを迎えてからの再起であります。

しかし、春香さん2はヒーローというよりヒロインでしたね。
SPでは囚われの響を助ける側に回っていた春香さんですが、
今回は色々あって周囲に助けられる側。
そのせいかどうかは知りませんが、性格もかなり女性的(?)に。
というより、ちょっとひねくれたかも知れません。
だいぶお母さんこと響子さんに似てきたなあと思いました。
団結の歌詞にもあるように「明るく前向き」で通った春香さんですが、
決して「素直」とはではないんですよね。

我らが音無響子と言えば、かなりのひねくれ厄介さんです。
曲解誤解でおかんむり、早とちりでブンむくれ。
もう面倒くさいことこの上ない。

それに比べれば春香さんはかわいいもの、とは言え。
「こンのアマ……!」と思うことも二度三度ありました。
もともとコミュの反応が読みづらい傾向はありますが、
加えて今回は選択肢をはずしたときの反応がきついこと。
特に、全国TVCMで「俺が頑張れない」を選んだときの返し。
曲解した上に聞く耳もたんという、この態度。
遺伝ですな。

でも、好き。
イッツ春香マジック。
「だから好き」でなく「なのに好き」。

meason.jpg

おすすめの台詞は地方TVCMでの「プロデューサーさんはー?」
コミュはほぼ見たと思いますが、この台詞、2のマイベスト春香さんです。
CM撮影直前なのに、気が抜けたような、ゆるーい油断声。
普段はしっかり敬語を使うのに、このときだけタメっぽい語感。
親しみと甘えとくつろぎの微妙な匙加減。
Pとそれなりに気安い仲になった高ランクの時期だからこそ。
春香さんは、いかにも可愛くしたり照れたり慌てたりする乙女な様子より、
こういう、ローテンションでぽろっと出てしまうヌケた姿がよいのです。

シナリオもストレートでよかったと思います。
アイドル個別のお話としてはやや一般性が高い感もありますが、
メインヒロイン()の面目躍如といったところでしょうか。
春香さん固有の成分もエピローグで補充されましたし。
総体として確かな満足感でございました。

チームメイトの千早、美希。
春香「アン!」 美希「ドゥ!」 千早「おはようござます」
の流れには完璧な団結力を感じました。
なお、朝のヤル気な発言は美希が最多で、戦慄しました。

編成は、センター美希、バースト千早、バックアップ春香。
目立ちたがりの妹分を立てる先輩二人。
編成にストオリイを見出すと、盛り上がります。

そして初のIA完全制覇ですよ、完全制覇!
発表前に結果が知れていても、やっぱり、ぐっときます。
そして、ラストステージだけ春香にセンターを渡す美希。
泣けます。
システムに合わせてストオリイは自給するのが心意気です。

結果。

IMG_0207.jpg

満足。

次はだれをプロデュースしましょうかね。

Tag : アイドルマスター

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。