スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周目(春香編)終了

アイマス2発売から一週間、ようやっと一周目終了。
メンバーは春香・貴音・真美のMA2各回選抜隊。
一番の思い出は春香さんの浴衣です。
はあ、結果。
もちろん惨敗ですよ、がっはっは。

以下、単なる感想ですが、ネタバレもあるので格納。


●春香さん
 かわいい。
 あとリーダー。

●貴音
 すぐにトサカに来る反面、諭されれば潔く反省する素直なお方。
 実は765随一のおバカだと思うので、そのへんがツボです。
 コミュで腕をぐわあっと振り回す動きが好き。
 なにせ貴音の体格、画面いっぱいの大迫力です。
 ジャンケンであいこになったときのぽけーっとしたお顔もまた。
 リーダーを差し置いてバースト要員でした。
 エフェクトが魔法詠唱みたいで強そうだったからってだけですが。

●真美
 プレイ開始後の初遭遇は真美でした。
 「んっふっふ~」に続く新たな口癖は「うあうあー!」
 朝の挨拶で適当を言ってPにあしらわれ、ブンむくれるのが仕事。
 ついイジメてしまいますが、ゲーム上はあまりよくなかったかも。
 ずいぶんとせくちーになられましたが、やたら落ち着いているときと、
 相変わらず子供っぽいときがあって、なかなか振り回されました。
 彼女の「はどーけん!」バーストはアンコール時のお約束でした。

●続・春香さん
 書ききれませんが、とりあえず浴衣の可愛さが異常。
 今のところ営業でしか見たことがありません。
 ステージで使えるのか、使いたい、使わせてください。
 アイドル寮の春香さんはお手玉上手な設定がありますが、
 アイマス2で、ゆるーく的中しました。
 公式でも「変なところで器用」というキャラクター観なのかしら。
 2春香さんのお手玉は、おばあちゃんに習ったんやてー。
 今回は夢やぶれましたが、必ずトップに連れて行きます。

●竜宮小町
 「俺の竜宮小町がこんなに弱いはずがない」
 もしくは「「き…… きかぬ、きかぬのだ!」
 トキの拳に涙したラオウの気持ちがよくわかりました。

●ジュピター
 初登場時から明らかに根がいいヤツで、びっくりしました。
 もうちょっとこう……敵対してくれないと、その、困る。
 どうも公式が述べてきた役割は果たせていない気がしますが、
 ジュピターは好きになりました。

●世界観について
 ゲームシステムの変更に伴い、だいぶ世界観が変わった気がします。
 1は、究極的には試合に勝つことがすべての世界であり、
 アイドルとはストイックなアスリートであったと思います。
 2では、ファンの盛り上がりやCDの売り上げといった要素が入り、
 アイドルとはアーティストでありタレントであるという印象を受けました。
 アイドルプロデュースという意味では、2の方が近いのかも知れませんね。

●ちょっとカチンと来たこと
ジュピターとの対決に敗れ、万感の思いで負けを認めたそのとき、
 夢 オ チ 、 勝 つ ま で ル ー プ
前夜のイベントも、勝負の緊迫感も、台無しです。
敗北を噛みしめるのがアイドルマスターじゃないんですか。
そこから這い上がって勝つのがアイドルマスターじゃないんですか。
くわーっ!
でも、ジュピターに勝っても、きっちりバッドエンドに行けます。
よかった、だめなプロデュースをしたらちゃんとバッドになった……
とか訳の分からない安心感を抱きました。
しかし愛弟子から遠回しに罵られるのはやっぱりキきます。
再プロデュースの日まで待っていてくださいお願いしますウチの子たち。


●要望みたいな
 フリープロデュースが欲しいとか、ソロ・デュオモードが欲しいとか、
 いろいろあると言えばあるんですが。
 アイドル同士のやりとりは、もっときっちり作ってほしかった。
 かけあいと呼べるのは、結成時のイベントぐらいです。
 そりゃ会話パターンの形成が大変なのは分かりますが!

●長くなりましたが
 くだらないメモ書きはここいらで終えて、二周目です。
 次は夢のユニットことフェアリーで行こうかと。
 リーダー貴音、センター美希、ペット響。
 ポジションチェンジシステム、すばらしい!
 フェアリーの頭は貴音だよなー、でもセンター美希は絶対はずせないよなー
 と、発売前から悩んでいたことが解決しました。
 フェアリーに限らず、リーダーはむしろ脇に控えるべきという趣味なので、
 ありがとうバンナムさん。
 あとがんばれ響。

Tag : アイドルマスター

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。